近年CMで過払い金請求を専門とした弁護士事務所が多くみられるようになってきました。過払い金請求はサラ金などの消費者金融からお金を借りた後、支払いをし続けて利息制限法の上限利息を超える利息を支払った場合に、上限額を越えて払った分を借りた業者に返還を請求することです。

過払い金請求は弁護士に相談がお奨めです。離婚問題や交通事故問題などの問題と同様に過払い金請求も弁護士の無料相談サービスがうけられます。借金返済中の方は、過払い金の返還請求をすることで借金の減額や完済ができます。

借金の過払い金
引用:
過払い金の弁護士無料相談|アディーレ

また、借金の返済が終わっている方であっても完済から10年以内の場合は過払い金の返還請求が行えます。多くの弁護士は過払い金が発生しているかどうか無料で診断してくださるため、無料相談サービスでまずは弁護士の元へいってみましょう。

過払い金の請求は司法書士にもできますが、弁護士に相談すべき点が多くあります。過払い金が140万円を超える金額であった場合、司法書士は代理権がないため、自身で裁判に行く必要があります。自身で裁判に出た場合でも司法書士に報酬を支払わなければいけないのです。

けれども弁護士は140万円以上の過払い金であっても代理権があるため、裁判に代理として出られるのです。金額の違いによってもわかるように弁護士は過払い金請求を専門とした方も多いので、まずは無料相談サービスをうけてみましょう。

弁護士の無料相談サービスを受ける前にどの弁護士に相談をするか考える必要があります。弁護士に相談する前に相談する弁護士の選び方について知っておきましょう。

弁護士にも得意分野があります。離婚問題や借金問題、交通事故問題や相続問題などさまざまな法律問題のプロがいるのです。そのため、今自分が悩んでいる、相談したい法律問題について精通している弁護士を選ぶ必要があります。依頼をする弁護士に専門外の法律問題について相談をしても解決ができない場合もあります。そのため相談したい分野を専門にしている弁護士を選びましょう。

また、自身で依頼しようとしている弁護士について知るのも大切です。無料相談をする前にまず弁護士に電話をしてみましょう。電話をして声を聴くだけでもその弁護士との相性を知れます。頼もしい弁護士と感じる弁護士もいれば、なかなか相性が合わず解決しづらそうと感じる弁護士もいるかもしれません。そのためまずは電話をしてみることが大切です。

その他、電話以外にも直接弁護士のもとへ訪れてお話しするのも良いでしょう。足を運んで会いにいくため手間と時間を要しますが、直接話すことで自身の悩みを伝えられますし、相談できる弁護士であるかの判断ができます。

無料相談であっても依頼者の絶対的な味方にもなってくれる弁護士ですが、弁護士に無料相談する前に準備する点がいくつかあります。

1つ目は、自分が弁護士に依頼して交通事故問題や労働問題、相続問題などのトラブルを最終的にはどう解決したいのかを考えることです。弁護士は依頼者の望んでいることを知りたいので結論を先に考えて相談した際に言うと良いでしょう。

また、結論をいう前に、どのような悩みを、いつから、どこで、だれに、など相談する際に手際よく伝えられるようにしておきます。無料相談は時間が限られている場合もあるため、この悩んでいることに関する概要を事前にメモ書きしておくこともお奨めです。

2つ目は、たとえ自分に不利な場合であってもトラブルに関することをすべて打ち明けて相談することです。弁護士は依頼者にどのようなことがあっても味方をしてくださります。そして弁護士が依頼者の知らないことがあると上手く解決できないかもしれません。そのために積極的に自分の今ある状況について話しましょう。

弁護士は法律のスペシャリストです。依頼者が抱えている不安をきっとはらしてくれるでしょう。また今ある状況を証拠として弁護士に見せられるものはすべて用意しておきましょう。証拠品は弁護士にとって重要なものになります。